人妻デリヘルの魅力と求められる女性像とは?

女性の画像

人妻デリヘルって? その魅力とは

読んで字のごとく、結婚している女性が派遣されるヘルスサービスということです。既婚であるか、シングルであるかは、実際のところ言及されません。一般には、若い女性には感じられない、落ち着きや気遣い、少したるんだ、しかし妖艶な身体と経験豊富なテクニックが魅力とされます。また、誰かの妻を弄ぶという背徳感、征服欲が刺激されるそうです。中には、素人の人妻が自身の刺激によって、仕事を忘れ、本気で感じているのを見るのがたまらないという方もいます。

古くは、戦後間もないころから“未亡人風俗”として始まり、1990年代には、東京の鶯谷、素衙門、大塚、渋谷周辺で熟女デートクラブ(DC)が盛り上がり始めます。そして、男性たちの欲望と妄想に応えるように、人妻をコンセプトとしたイメクラやヘルス店が次々に開業したのです。

その後、1999年の風営法改正によって、デリヘルが届出対象となったことで、人妻デリヘルが誕生、今日まで風俗業界のいちジャンルとして確固たる地位を築いています。

以上のように人妻デリヘルの需要は、一過性のブームなどではなく、確実に存在するのです。

東急沿線の従順な人妻たちの求める女性像

そんな人妻デリヘルの求人事情について、例を挙げて紹介してましょう。

『東急沿線の従順な人妻たち』は、30歳未満のお客はお断り、ナイスミドル、シニアなお客様専門の人妻デリヘル店です。2015年には、開業10周年を迎え、競争の激しい風俗業界にあっては老舗店と言っていいでしょう。事実、5年10年と経営を続けられるのは、相当に困難なことなのです。同店がこれまで営業を続けられてきたのは、ブレないコンセプト、採用基準、お客様の信用あってこそでしょう。

そんな同店の求める女性像を簡単にまとめてみました。

  • ルックスは、普通でOK、40代でも可
  • 相手を思いやれる、性格美人
  • 社会人として常識のある大人の女性
  • OL、主婦、バツイチさんOK
  • 年上男性に魅力を感じる方
  • 仕事をもちながら頑張れる方
  • 専業主婦でデリヘルを頑張ってみようと考えている方

経験が魅力、普通であることが大事

これらは、どれも敷居の高いものではありません。しかし、「相手を思いやれる」「常識のある女性」「仕事をもちながら頑張れる方」というあたりに、同店の審査基準が見えてきます。つまり、お客に不快感を抱かせるような女性は、NG。若くルックスが良くても、お客に合わせて会話など十分なコミュニケーションがとれないと、やはりNGということなのでしょう。また、オジサンは嫌いというのは、そもそも対象外であると。

しかし、逆に言うと一般企業での職務経験があり、相手を思いやれるなら、ルックスや年齢は大きなハンデにはならない、採用のチャンスは、大いにあるということです。同店の求める女性像は、いい意味で特別でない、ごく普通の女性です。そうした女性を採用し、受付においてもお客に対し執事のように接してきたことで、お客の期待を裏切らず信頼を守り、長く営業を続けてこられたのでしょう。

もし、東京都内、あるいは近郊にお住まいで、「若い子ばかりのデリヘル店、コスプレ店は無理かな」と思ったら、同店のようなコンセプトのしっかりとした人妻デリヘル、人妻ホテヘルの求人に、応募してみてはいかがでしょうか。

You May Also Like

About the Author: マチダツヨシ